X

ENVIおよびIDLのバージョンアップに関するよくある質問

この記事では、ライセンス管理者およびエンドユーザー向けに、ENVIおよびIDLへのバージョンアップに関する一般的な質問に対する回答を簡単にまとめています。なお、この記載は現行のライセンス形態(ENVI5.4/IDL8.6以降)をすでにご利用いただいている方を想定しています。

1)ENVI/IDLのバージョンアップはできますか?
バージョンアップサービス期間内のライセンスが対象となります。
ご利用のライセンスがバージョンアップサービス期間内であるか確認するには、以下の2通りの方法があります。

  • バージョンアップサービス契約に関する契約書類に記載された、契約期間の日付を確認する
  • Harris Download and License Center(後述)にログインし、Software Downloads & Notices -> Activation Cidesで表示されるバージョンアップしたいライセンスのEntitlement Exp.の表示を確認する

 

2)最新バージョンのENVI/IDLはどこでダウンロードできますか?
Harris Download and License Centerからダウンロードすることができます。Harris Download and Licenese Centerにログインするには、初回ログイン時に設定いただいたユーザIDとパスワードが必要です。

 

3)以前のバージョンのENVIまたはIDLをアンインストールする必要がありますか?
いいえ。ENVIおよびIDLをインストールする際に、以前のバージョンをアンインストールする必要はありません。
ENVI/IDLは、以前のバージョンのENVI/IDLとは別の場所にインストールされ、独立して動作します。 
ただし、マイナーバージョンアップの関係にあるENVI/IDLの場合は、同一マシンで共存してインストールすることができません。例えばENVI5.4からENVI5.4.1にバージョンアップする場合、既存のENVI5.4を上書きする形でENVI5.4.1がインストールされます。

 

4)すでにENVI/IDLを使用しています。新しいバージョンをインストールした後、ライセンスを再び認証(Activate)する必要はありますか?
マシン固定認証で使用している場合には、再びライセンスの認証が必要です。
インターネットに接続できる環境でサーバライセンスとしてご利用いただいている場合、ライセンス認証を再び行う必要はありません。

 

5)ライセンスを認証しようとすると、「The activation ID specified cannot have its copies increased」または「Specified activation ID is invalid」というエラーが表示されます(画像参照)。
これらのエラーは、認証コードにタイプミスがあるか、認証コードが無効になったときに発生します。最後に受け取った時点から、認証コードが変更された可能性があります。Harris Download and License Centerにログインし、Software Downloads & Notices -> Activation Cidesからライセンスの認証コードをいま一度ご確認ください。

 

Rate this article:
No rating

FAQで問題が解決できない場合は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。