X

SARscape_banner

SARscapeは、sarmap社(スイス)によって開発された、合成開口レーダー(SAR)データの高度なハンドリングや解析が行える、ENVIのオプションモジュールです。SARscapeの豊富なデータフォーマット対応と、使いやすいユーザインターフェースによって、複雑なSAR解析処理も簡単に行えます。SARscapeはENVI上で動作するため、SARscapeを使用して得られたインターフェロメトリ処理やポラリメトリ処理の結果と、ENVIで処理した光学センサーデータとの重ね合せなども非常に簡単に行えます。


<SAR画像解析の主な利用分野>
・地震、洪水、土砂崩れなどの災害情報把握
・広域の地盤変動モニタリング(地盤の沈降・隆起傾向把握、地すべり地形)
・社会インフラ監視(橋梁、ダム、堤防などの設備監視、埋立地や線路/高速道路/電力設備周辺の地形変動把握など)
・森林/植生域の土地被覆分類、森林違法伐採監視、農作物の育成状況把握
・海洋上の船舶監視や陸上の移動体監視 など


【Easy To Use】

SARscapeは、画面に従って操作を進めるだけで簡単に解析結果を導くことができる、ワークフローの機能を数多く搭載しています。データのインポートから
アウトプットまで一連の流れで処理が可能です。SAR解析の専門知識が無くても、手軽に科学的根拠に基づいたSAR解析の結果を得ることができます。

【SARscape 主な解析機能】

◆差分干渉処理解析

◆DInSAR変動マップ作成

◆時系列InSAR解析

◆強度画像の時系列解析

◆コヒーレンス変化抽出やRGB画像作成

◆時系列CCD解析

◆後方散乱係数算出

◆ポラリメトリ解析

◆ピクセルオフセット解析(Amplitude Tracking)

◆バッチ処理機能




【SARscape 主な対応センサー】

◆ALOS1 PALSAR-1 / ALOS2 PALSAR-2

◆Sentinel-1

◆TerraSAR-X

◆CosmoSkyMed

◆JERS-1 / JERS-2

◆ENVISAT

◆RADARSAT-1 / RADARSAT-2

◆その他多数


【SARscapeのワークフロー】

workflow1

◆ ステップバイステップで処理を行うガイド機能
◆ 解析目的に応じて多数のワークフローを用意
生成ファイル名などは自動的に決定
◆ キーとなるパラメータのみの表示
◆ 前後の処理に戻ってパラメータの再設定も可能


【SARscapeのモジュール構成】

SARscapeは、必要とする解析内容に応じて、モジュールを選択して導入頂けます。
※SARscapeの利用には、ENVIのライセンスが必要です。

・SARscape Basic(基本処理モジュール)

Geocode4

■マルチルック処理
■画像レジストレーション
■フィルター
■コヒーレンス
■ジオコーディング
■時系列特徴抽出
■移動体検出
■船舶検出


・SARscape InSAR & DInSAR(干渉SAR解析モジュール)

InSAR

■ ベースライン推定
■ 初期干渉画像作成
■ 軌道縞、地形縞除去
■ ノイズフィルター
■ フェーズアンラップ
■ 精密軌道補正
■ DEM、変動マップ作成
■ ピクセルオフセット法
■ 変動モデルツール

・SARscape Interferometry Stacking Module(時系列InSAR解析モジュール)

■同一エリアの20シーン程度のSAR画像を用いて時系列解析を行うことにより、年間平均でミリメートルレベルの変動を検出可能。

■Persistent Scatterers(PS)法とSBAS法をサポート。解析対象に応じて使い分けが可能。

■大型構造物のモニタリング、インフラ監視(埋立地、橋梁、ダム、堤防など)や、広域の微小な地盤変動解析に適しています。

Stacking2


・その他のSARscapeモジュール

■Focus Module・・・SAR RawデータからSLC画像を生成。対応センサー:ALOS-1、ENVISAT ASAR、ERS/JERS-1など。

■Gamma & Gaussian Filter Module・・・ガンマ、ガウシアン関数を使用したスペックルノイズフィルター。

■Polarimetry & PolInSAR Module・・・SAR偏波解析モジュール。偏波シグニチャ、偏波干渉処理、偏波コヒーレンスの作成など。

■ScanSAR Interferometry Module・・・広域SARデータの干渉処理用モジュール。

Pol_Scan


 

 

【無償評価利用制度と製品に関するお問い合わせ】

Harris Geospatial Solutionsでは、SARデータ解析ツールの導入を検討されておられる方向けに、SARscapeの無償評価利用制度を設けております。「以前、SAR解析にトライしたが、ツールの利用方法が難しくて、SARデータの利用をあきらめたことがある方」、もしくは「今後SARデータを使ってみたいが、何となく難しそうと感じておられる方」など、ENVI/SARscapeによって、身近になったSARデータ解析を是非お試し下さい。無償評価利用のお申込みは、評価版ライセンス申請フォームからお願いします。

また、ライセンス価格や製品資料請求などのお問い合わせは、こちらの問い合わせフォームからお願いします。