X

IDL8.7/ ENVI5.5リリースのご案内

平素は格別のご愛顧をいただき、厚くお礼申し上げます。
この度、メジャーバージョンアップ版のIDL8.7とENVI5.5を国内リリース致しました。それぞれ、新機能の搭載や既存機能の拡張が実現されています。新機能紹介やリリースノートなどの日本語資料は、ページ右側の「【ショートカットリンク】技術資料(日本語)」からダウンロードできます。

 ・IDL8.7/ENVI5.5インストールガイド
 ・ENVI5.5新機能紹介
 ・ENVI5.5リリースノート
 ・IDL8.7新機能紹介
 ・IDL8.7リリースノート

1.ライセンスに関して
(1)IDL8.7/ENVI5.5新規ライセンス購入のお客様
  IDL8.7/ENVI5.5用のライセンス申請フォームから申請を行って下さい。
(2)IDL8.5/ENVI5.3以下のバージョンからバージョンアップを行うお客様
  IDL8.7/ENVI5.5用のライセンス申請フォームから申請を行って下さい。
(3)IDL8.6/ENVI5.4の認証コードを既にお持ちのお客様
  ・担当者情報に変更がない場合: ライセンス申請は不要です。
  ・担当者情報に変更がある場合: ライセンス申請フォームより改めて申請を行って下さい。

※IDL機能付きのENVIライセンスをお持ちのお客様は、ENVI5.5のライセンス申請を行うと、自動的にIDLもバージョンアップされます。

2.インストールプログラムの入手
IDL8.7とENVI5.5のインストールプログラムは、「Harris Download and License Center」からダウンロードできます。バージョンアップサービスに加入中のお客様は、上記サイトへログイン後、対象のインストーラをダウンロードして下さい。

3.インストール、及びライセンス認証作業に関して
インストールガイドを参照の上、インストールや認証作業を進めて下さい。新規購入のお客様は、ライセンス申請後に提供される認証コードを用いて認証作業を行って下さい。既にIDL8.6/ENVI5.4の認証コードを用いてアクティベーションを行っている場合、IDL8.7/ENVI5.5に含まれる「Harris License Administrator」ツールからIDL8.6/ENVI5.4の同じ認証コードを用いて、再度アクティベーションを行って下さい。認証コードの有効化が確認できたらENVI/IDLの起動確認をお願いします。

4.注意事項
(1)ENVI/IDLの認証コードを有効化させたPCから別のPCにライセンスを移す場合は、元のPC上で必ずDeactivateを行ってから、新しいPC上でIDL8.7/ENVI5.5の認証作業を行って下さい。
(2)SARscape5.4はENVI5.5に対応しておりません。SARscape5.4を利用する場合、ENVI5.4を起動の上、ご利用願います。

ご不明点などございましたら、担当営業もしくは問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

 

 

Rate this article:
No rating

Name:
Email:
Subject:
Message:
x