Harris Geospatialの日本法人技術スタッフによるブログです。ENVI・IDL・SARscapeなどの製品に関して、知っていると役に立つ操作のコツや豆知識、各種最新動向など、さまざまな情報をお届けします。



IDLとPythonは相互に連携することができる。この機能はIDL Python Bridgeと呼ばれ、Pythonの様々なライブラリをIDLからも利用できる点で非常に便利な機能である。 しかしながら、Linux環境でこの機能を使用する場合、公式のHELP記事に従ったパスなどの設定を実施しても、以下のような問題が発生することがある。 ... Read More >

2021年3月、Sentinel-1データに対するSARscapeの自動軌道ファイル取得が機能しなくなりました。この問題の原因は、欧州宇宙機関(The European Space Agency:... Read More >

30 Mar

一部のLinux環境で複数ユーザがIDLを同時起動できない問題点とその回避策について

Comments (0) | Number of views (156) | Article rating: No rating

米国本社のフォーラムにて確認されたLinux環境でのIDLの起動不具合を本ブログにて周知します。 ... Read More >

18 Apr

国土地理院 数値標高モデルをENVIで取り扱う方法

Comments (0) | Number of views (423) | Article rating: No rating

国土地理院様が公開している基盤地図情報数値標高モデル1をENVIへ取り込むツールを開発しました。複数ファイルを一括で読み込み、モザイク(結合)をし一枚の標高画像として出力します。出力ファイル形式はGeoTIFFです。本ツールはENVI上で動作する無償の拡張機能プログラムです。 5m(5A)メッシュ、10m(10B)メッシュどちらにも対応しており、XML形式ファイルが入ったフォルダを選択... Read More >

30 Jan

漁業支援コミュニティでの衛星画像の利用(翻訳記事)

Comments (0) | Number of views (375) | Article rating: No rating

Roffer’s Ocean Fishing Forecasting Service(ROFFS™)は、IDL・ENVIのソフトウェアと独自開発したプログラムを使用し、NOAA、NASA、ESA(European Space... Read More >

1234